33歳の私、訳があって会社を辞めてしまいました。
その後は家事手伝い状態。
人生くすぶってしまっている状況に陥っていました。
人とうまくコミュニケーションをとることができない性格です。
だから激しくストレスを感じてしまいます。
コミュ障の方なら、わかると思いますが、他の方よりずっとストレスを抱え込みやすいのです。
それでもずっと我慢して仕事をしてきたのですが、ある日切れてしまいました。
この会社ではやっていけない、そんな気持ちから退社することに。
その後は、家事手伝いをするようになりました。
親からも、次の仕事を探さなければいけないと言われます。
もちろん自分だって、それは分かっています。
ただ自分の性格上、新しい就職先を見つけたところで、うまくやっていける確率が低い。
もちろんこのまま、家事手伝いに甘んじる気持ちはありません。
自分の得意な分野で活躍できたらと言う気持ちになりました。
ネットに詳しい私。
だからネットでお店を開くのはどうだろうか?
と思うようになりました。
一般的にお店を開くよりは、全く予算的には安く上がる。
これは大きなメリットです。
営業時間も365日、24時間営業が可能になります。
私みたいな性格だから、ネットショップというのはとても良いかもしれないと思いました。
一つ困ったことも。
貯金もほとんどない私。
いくら低予算で開業できるからと言って、お金が全くかからないわけではない。
最低限の資金を調達しなければなりません。
その方法として思いついたのが、お金くれるパパの存在です。
パパ活というのが近年、女の子の間で大ブーム。
援交と違って、セックスしなくても大丈夫な関係です。
お食事にお付き合いすることで、援交するときと同じくらいの金額をもらえるのです。
この方法なら、とても気軽に収入になります。
お金くれるおじさんを見つけられたら最高。
ネットなら気軽にパパ募集ができるため、やってみることにしました。